デジタル世界のためのグローバルなスキルとコンピテンシーのフレームワーク

サプライヤー管理 SUPP

組織のサプライヤーのパフォーマンス目標と活動を調達戦略と計画に合わせ、コスト、効率、サービス品質のバランスを取ります。

ガイダンスノート

 アクティビティには次のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • コラボレーション、信頼、オープンなコミュニケーションに基づいた協力関係の確立
  • サプライヤーとの共同イノベーションとサービス改善を奨励する。
  • 運用上のインシデント、問題、パフォーマンスの低下、およびその他の競合の原因を解決するために、相互利益のためにサプライヤーを積極的に関与させる。
  • クラウドベースのサービスをサポートするためのサプライヤー管理慣行の実装
  • 問題を話し合い、解決するための明確なエスカレーションパスを実装する。
  • 合意された一連のメトリックスを使用して、複数のサプライヤー(内部および外部)にわたるパフォーマンスとリスクを管理する。
  • 法律を遵守する。
  • 商用ガバナンスとサプライチェーン管理
  • 供給のセキュリティ、継続性、整合性に関連するリスクの管理
  • サプライヤーの選択とサプライヤーのパフォーマンスのベンチマークに関するポリシーの実装

レベル

次のレベルで定義されます。 2 3 4 5 6 7

サプライヤー管理: レベル 1

This skill is not typically observed or practiced at this level of responsibility and accountability.

サプライヤー管理: レベル 2

サプライヤーのパフォーマンスデータの収集と報告を支援します。 組織とサプライヤー間の日常的なコミュニケーションを支援します。

サプライヤー管理: レベル 3

組織とサプライヤー間の日常的な連絡窓口として機能します。 サプライヤー関連のインシデント、問題、または不十分なパフォーマンスの解決をサポートします。 サプライヤーのパフォーマンスデータを収集して報告します。

サプライヤー管理: レベル 4

サプライヤーのパフォーマンスデータを収集し、問題を調査します。 サプライヤーのパフォーマンス、顧客満足度、セキュリティ要件の順守、および市場インテリジェンスを監視および報告します。 サプライヤーのパフォーマンスが契約条件に従っていることを検証します。 インシデント、問題、または不十分なパフォーマンスを解決するために、サプライヤーと積極的かつ協力的に関与します。 サプライヤー管理関連のサービス改善イニシアチブとプログラムを実施します。

サプライヤー管理: レベル 5

主要業績評価指標と合意された目標を達成するためにサプライヤーを管理します。 サプライヤー間の運用上の関係を管理し、潜在的な紛争または競合が発生して解決されるようにします。 ベンチマークを実行し、サプライヤーのパフォーマンスデータを利用して、パフォーマンスが適切に監視され、定期的にレビューされるようにします。 サプライヤーの専門知識を使用して、開発ロードマップをサポートおよび通知します。 サプライヤーサービス改善アクションの実装を管理します。 契約を交渉または再交渉する際の制約と機会を特定します。

サプライヤー管理: レベル 6

統合されたサプライチェーン全体で効果的なサプライヤー管理を確実にするために、組織のポリシー、標準、およびガイドラインを作成します。 商用コミュニケーションおよびサプライヤーとの関係の管理のためのアプローチを定義します。 相互利益のためにサプライヤーとの前向きで効果的な職場環境を確立します。 ベンチマークを実施するためのリソースとツールが整っていることを確認します。 サプライヤー分析をレビューし、サプライチェーン全体の有効性をアセスします。 リスクを管理し、サプライヤーが提供するサービスの品質を保証します。

サプライヤー管理: レベル 7

すべてのレベルで効果的な管理と運用上の関係を取り入れて、全体的なサプライヤー管理戦略を決定します。 協力的なサプライヤーパートナーシップを主導します。 サプライヤのパフォーマンス目標と関係管理活動を、ビジネスおよび商業目標とソーシング戦略に合わせます。 サプライヤーガバナンスのフレームワークを確立し、提供されるサービスを監視し、契約から商業的価値を提供します。 サプライヤーが関与する商業的に重大な紛争において組織代表となります。