システムソフトウェア SYSP

運用上のニーズとサービスレベルを満たすためのインフラストラクチャシステムソフトウェアのインストール、管理、制御、展開、および保守を行います。

ガイダンスノート

システムソフトウェアという用語は、ITインフラストラクチャの重要な要素であり、アプリケーションの実行を可能にするオペレーティングシステム、ユーティリティ、およびミドルウェアを指します。

システムソフトウェアは、クラウド、仮想、または物理ハードウェア環境で実行でき、オペレーティングシステム、ハイパーバイザー、関数ライブラリとデバイスドライバー、ネットワーク、データベースとストレージの管理製品、およびシステムユーティリティが含まれますが、これらに限定されません。

アクティビティには次のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • システムソフトウェアのパフォーマンスの監視と最適化
  • 潜在的および実際のサービスの問題を解決する。
  • 新しいシステムソフトウェアの評価
  • システムソフトウェアアップデートのレビュー 
  • システムソフトウェアアップデートのプロビジョニングとテスト 
  • 確立されたセーフティ、セキュリティ、品質基準を順守します。

システムソフトウェア: レベル 3

運用システムのリソース使用量と障害率を監視して、システムソフトウェアのチューニングを通知および促進します。 システムソフトウェアパラメータを適用して、スループットと効率を最大化します。 新しいバージョンのシステムソフトウェアをインストールしてテストします。 フォールバック緊急時対応計画を使用して、ソフトウェア実装手順の準備に貢献します。

システムソフトウェア: レベル 4

システムソフトウェアメトリクスを監視し、最適な可用性とパフォーマンスが得られるように構成を調整します。 システムソフトウェアの更新を確認し、アクションに値する更新を特定します。 必要な機能とパフォーマンスのためにシステムソフトウェアを構成します。 システムソフトウェアの問題を調査して解決し、必要に応じてサプライヤーにアクションを要求します。

システムソフトウェア: レベル 5

システムソフトウェアがプロビジョニングされ、サービス目標の達成を容易にするように構成されていることを確認します。 新しいシステムソフトウェアを評価し、必要に応じて採用を推奨します。 システムソフトウェアの新しいバージョンのプロビジョニングとテストを計画します。 潜在的および実際のサービス問題の解決を調査および調整します。 システムソフトウェアの操作手順と診断が最新で、アクセス可能で、十分に理解されていることを確認します。