デジタル世界のためのグローバルなスキルとコンピテンシーのフレームワーク

投資評価 INVA

可能な投資またはプロジェクトの魅力度をアセスします。

ガイダンスノート

アクティビティには次のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • 金融投資と利益を比較するための適切な技術の選択と使用
  • 投資と収益を比較するための認識された投資審査手法には、回収期間、取引率、割引キャッシュフロー(純現在価値と内部収益率)が含まれます。
  • 適切なトップダウンまたはボトムアップアプローチを使用してデータの収集
  • 法的な考慮事項、環境的または社会的影響、運用上の利益、リスクなどが審査アプローチに含まれます。
  • 想定される利益や不利益を許可し、複数の投資審査の結果を集計しオプションを比較するスコアリング方法を開発する。
  • 投資評価の結果を文書化して提示する。
  • さらなる調査のためのプロジェクト/イニシアチブを選択するためのツールとして投資評価を確立する。
  • 考えられる資金源と投資評価への影響を特定する。

投資評価: レベル 4

さまざまなプロジェクトの投資評価を作成して文書化します。 プロジェクトの特性に基づいて、適切な評価手法を特定します。 社内外のステークホルダと協力して投資評価を作成するために必要な情報を収集します。 選択したステークホルダに投資評価の結果を提示します。 投資評価を改善および維持します。

投資評価: レベル 5

投資評価アプローチについて助言し、ポートフォリオ/プログラムのコンテキストに合わせて組織の基準を調整します。 単純なポートフォリオやプログラム、複雑なプロジェクトの投資評価活動を主導します。

投資評価: レベル 6

投資評価のための組織の方針、基準、およびガイドラインを作成します。 ポートフォリオ内のコンポーネントプロジェクトおよびプログラム全体で一貫した評価を確立するための活動を主導します。 価値の高いイニシアチブの投資評価をレビューして、その品質を保証します。 仕事とポートフォリオの複雑なプログラムの投資評価活動を主導します。