ユーザーエクスペリエンス分析 UNAN

アプリケーションが動作する利用コンテクストおよび製品、システムまたはサービスの目標を特定、分析、分類および伝達。ステークホルダーの「ユーザーエクスペリエンス」ニーズを分析、優先順位付けし、必要なシステムの動作と性能の定義。全可能性のあるユーザに対し、ユーザーエクスペリエンスとユーザアクセサビリティの定義と管理。

ユーザーエクスペリエンス分析: Level 5

ユーザーエクスペリエンス、ユーザーの特性とタスク、およびシステム、製品、またはサービスが動作する技術的、社会的、組織的、および物理的な環境を分析、明確化、および伝達するために使用されるアプローチを決定する。合意されたアプローチの採用を支持する専門家としての助言と指導を提供し、ユーザーエクスペリエンスとアクセシビリティ分析活動を計画、推進する。

ユーザーエクスペリエンス分析: Level 4

システム、製品、サービスのユーザー目標を特定し、説明する。影響を受けるステークホルダーグループの役割を特定する。システム、製品、またはサービスに求められる動作とパフォーマンスを、ユーザーエクスペリエンス全体で定義し、さまざまなユーザー要件間の潜在的な矛盾を解消する。システム、製品、サービスの必要なユーザビリティとアクセシビリティに関する測定可能な基準を設定する。

ユーザーエクスペリエンス分析: Level 3

主要なユーザーセグメントを表すためにペルソナを作成し説明する。ユーザーの目標や行動、システム、製品、サービスが使用される環境について説明する。詳細なユーザーエクスペリエンス要件の抽出に適した手法を選択する。ユーザーエクスペリエンスとユーザーアクセシビリティ要件を特定し、定義する。ステークホルダーと協力して要件の優先順位を決め、矛盾を解消する。