デジタル世界のためのグローバルなスキルとコンピテンシーのフレームワーク

安全工学 SFEN

安全(セーフティ)関連システム開発のすべてのライフサイクルフェーズで安全を確保するための適切な方法を適用します。

ガイダンスノート

セーフティクリティカルシステムとは、システム障害が人命、その他の生物、物理的構造、または環境に害を及ぼす可能性のあるシステムです。 

アクティビティには次のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • セーフティの問題とリスクの分析
  • セーフティ要件仕様
  • セーフティ関連システムのアーキテクチャ設計
  • 形式手法の設計
  • セーフティ妥当性確認と検証
  • セーフティケースの準備
  • IEC 61508、IEC 61511、または業界固有の基準などの一般的なセーフティ基準を適用します。

システムのセーフティはハザードおよびリスク分析に基づくセーフティレベルによって設計および測定されます。

レベル

次のレベルで定義されます。 3 4 5 6

安全工学: レベル 1-2

This skill is not typically observed or practiced at these levels of responsibility and accountability.

安全工学: レベル 3

合意された方法と手順を使用して、システムの開発と実装中にハザードとリスクの分析を支援します。 ハザードおよびリスク分析活動の結果を文書化します。 適切な方法とツールを使用して、セーフティ保証の証拠の収集を支援します。 合意された安全、技術、品質基準に従ってすべての作業を行います。

安全工学: レベル 4

合意された方法と手順を使用して、危険とセーフティ上のリスクを特定、分析、文書化することに貢献します。 セーフティ要件の仕様に貢献します。 システムの開発および実装中にセーフティ検証結果を分析および文書化します。 プロジェクトのセーフティ保証計画の作成と維持に貢献し、セーフティケースの準備のためのセーフティ保証の証拠を収集します。

安全工学: レベル 5

ハザードを特定および分析し、リスク低減策の特定と評価に貢献し、これらが適切に文書化されていることを確認します。 定義されたセーフティレベルのセーフティ関連システムアーキテクチャを指定します。 プロジェクトのセーフティ保証計画を作成および維持します。 実装とコンプライアンスを監視します。 セーフティケースの準備のためにセーフティ保証の証拠が収集されることを保証します。 システムアーキテクト、設計者、開発者と協力して、セーフティ要件の実装を保証します。

安全工学: レベル 6

ハザード分析とリスク評価、セーフティ関連システムのアーキテクチャ設計、およびセーフティコンプライアンス計画に全責任を負います。 システムの性質と必要なセーフティレベルに応じて、システムのセーフティ要件の定義と割り当てを主導します。 複数の複雑なまたは高いセーフティの整合性レベルのプロジェクトのセーフティ関連の側面に責任を負います。

安全工学: レベル 7

This skill is not typically observed or practiced at this level of responsibility and accountability.