システム設計 DESN

システム設計: Level 6

システム設計: Level 5

予測(計画主義)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチから適当なものを選択し、適切なシステム設計方法、ツールおよび手法を採用、適応し、それらが効果的に適用する。大規模または複雑なシステムを設計する。主要な設計案とトレードオフについての影響分析を行う。関連するリスクを評価し、管理し、(対策を)推薦する。適切なテクノロジーの選択、リソースの効率的な使用、複数のシステムとテクノロジーの統合を確実にするために、他のシステム設計をレビューする。機能要件と非機能要件のバランスの取れたシステム設計を保証する。システム設計方針と基準の開発、アーキテクチャコンポーネントの選択に貢献する。

システム設計: Level 4

合意されたアーキテクチャ、設計基準、パターン、および方法論に従って、適切なモデリング技術を使用してコンポーネントを設計する。代替となる設計案とのトレードオフを特定し、評価する。アーキテクチャのさまざまな関係者の懸念に対処し、機能要件と非機能要件の両方を処理するために、複数の設計概念図を作成する。ステークホルダーの承認を得るために、提案されたシステムコンポーネントの動作をモデル化し、シミュレートしたり、試作を行う。システムの構築の基礎となる詳細な設計仕様を作成する。作成した仕様のレビューを行い、検証し、改善する。