最先端技術モニタリング EMRG

新しいテクノロジー、製品、サービス、方法、および技術を認識してアセスします。

ガイダンスノート

アクティビティには次のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • 関連性と潜在的インパクトのアセスメント—これは脅威または機会である可能性があります。
  • 新技術の影響を伝える。 

アセスメントは、ビジネスイネーブラー、コスト、パフォーマンス、または持続可能性に関連する場合があります。

最先端技術モニタリング: レベル 4

外部環境の監視と新技術のアセスメントをサポートします。 レポートの作成、テクノロジのロードマッピング、知識と洞察の共有に貢献します。

最先端技術モニタリング: レベル 5

外部環境を監視して、新技術に関するインテリジェンスを収集します。 組織への影響、脅威、および機会をアセスし文書化します。 レポートとテクノロジロードマップを作成し、知識と洞察を他の人と共有します。

最先端技術モニタリング: レベル 6

新技術の特定とアセスメント、および潜在的な影響、脅威、機会の評価を計画および主導します。 組織計画を新しいテクノロジソリューションに合わせるテクノロジロードマップを作成します。 関連するステークホルダと関わり、影響を与えて、テクノロジロードマップへの組織的な取り組みを獲得します。 新技術を監視するための組織的なガイドラインを作成します。 情報収集を促進するために、内部および外部の関係者と協力します。