SFIAビュー: デジタル技術の実現要因

デジタル技術の実現要因

デジタルテクノロジーのイネーブラを実行するために必要なスキル-短いサイクルで構築し、実際のユーザーとのテストのためのプロセスの適応、新しいデジタルアプリケーションやサービスを迅速かつ確実かつ安全に本番環境に導入する-データ分析の力で洞察を生成

要件の定義および管理 REQM

ユーザーエクスペリエンス分析 UNAN

アプリケーションが動作する利用コンテクストおよび製品、システムまたはサービスの目標を特定、分析、分類および伝達。ステークホルダーの「ユーザーエクスペリエンス」ニーズを分析、優先順位付けし、必要なシステムの動作と性能の定義。全可能性のあるユーザに対し、ユーザーエクスペリエンスとユーザアクセサビリティの定義と管理。

ユーザーエクスペリエンス設計 HCEV

システム、製品またはサービスを利用する際のユーザビリティとアクセシビリティを向上させることによって、ユーザー満足度を向上させる反復設計プロセス。ユーザビリティとアクセシビリティ要件を満たすためのユーザーのデジタルおよびオフラインタスク、インタラクションおよびインターフェースの設計。ユーザー中心の評価およびデザインへのフィードバックおよびデザイン、開発、および実装を担当するユーザーへのコミュニケーションに応じたデザインの改良。

情報の分析 INAN

データの可視化 VISL

手法およびツール METL

システムの計画、開発、テスト、運用、管理および保守をサポートするための方法およびツールの定義、調整、実装、評価、測定、自動化および改善。 組織全体で確実に方法とツールが採用され効果的に使用されている。

ソリューションアーキテクチャ ARCH

現在および将来のビジネスニーズを満たす統合ソリューションの設計と開発を可能にし、その指針となる高レベルの構造の設計、伝達を行う。ソリューションアーキテクチャには、技術コンポーネントの他、サービス、プロセス、組織および運用モデルの変更が含まれる。関連するアーキテクチャ、戦略、方針、基準および業務慣行(セキュリティを含む)が考慮され、既存および計画されたソリューションコンポーネントが互換性を維持していることを保証するため、ソリューションコンポーネントの開発および変更に関する包括的な指針を提供する。

ビジネス分析 BUAN

事業目標、目的、機能およびプロセス、使用される情報、ならびにその情報が基づくデータに関する、事業の全体または一部の系統的な調査、分析、レビュー、および文書化。 プロセスとシステムを改善し、それらのコストを削減し、それらの持続可能性を高め、そして潜在的なビジネス上の利益を定量化するための要件の定義。 情報通信システムの展開に備えた、実行可能な仕様と承認基準の共同作成および反復。 業務の状況に基づいて、予測(計画主導)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチから適切に選択することで、ビジネス分析アプローチの採用と適応。

ビジネスモデリング BSMO

既存の、概念的な、または提案されたシナリオのコミュニケーションと理解を支援するために、従来のアプリケーションまたはトランスメディアアプリケーションでの実世界、ビジネス、またはゲームの状況の抽象的または引き出した表現の作成。 主にプロセス、役割、データ、組織、および時間の表現に焦点を当てる。 モデルを使用して、さまざまなレベルの詳細および分解で対象を表す。

システム設計 DESN

顧客サービスサポート CSMG

サプライヤー管理 SUPP

ユーザーエクスペリエンス評価 USEV

ステークホルダーおよび組織の要件が満たされ、必要とされる実践がフォローされ、使用中のシステムが組織およびユーザーのニーズを継続して満たしていることを確認するため、システム、製品またはサービスの検証。製品またはサービスの有用性のレベルを最適化するため、有効性、効率性、ユーザー満足度、安全衛生、アクセシビリティの繰り返し評価(初期プロトタイプから最終的な運用まで)。