最先端技術モニタリング EMRG

新しくまた新興の技術、製品、サービス、方法、技術手法の識別。それらの関連性と、ビジネスを可能にする要因、コスト、パフォーマンス、または持続可能性に対する潜在的な影響(脅威と機会の両方)の評価。 新興技術の伝達とその影響。

最先端技術モニタリング: Level 6

新しくまた新興の技術の特定と評価、および潜在的な影響、脅威、機会の評価を計画し、主導する。 組織計画と新しいテクノロジソリューションを整合させる技術ロードマップを作成する。 技術ロードマップへの組織的なコミットメントを得るために、関連する利害関係者と連携し影響を与える。 新興技術を監視するための組織的ガイドラインを作成します。 社内外の関係者と協力して、情報収集を促進する。

最先端技術モニタリング: Level 5

新興技術に関する情報を収集するために外部環境を監視する。 組織への影響、脅威、および機会を評価して文書化する。 レポートや技術ロードマップを作成し、他の人と知識や洞察を共有する。

最先端技術モニタリング: Level 4

組織に対する潜在的な影響、脅威、および機会を評価するため、外部環境の監視および新興技術評価をサポートする。 レポートの作成、技術ロードマッピング、および知識と洞察の共有に貢献する。