スキル

ITガバナンス

情報、デジタルサービスおよび関連技術の使用に対する組織のアプローチを確立、監督する。デジタルサービス提供に対する責任、現在および将来のビジネス要件を満たすサービスとサービス品質のレベルに対する責任、従うべき法律および規制に準拠するための方針と実務に対する責任、組織のビジネス戦略を可能にする技術のための戦略計画に対する責任、透明な意思決定に対する責任、利害関係者のベネフィット、機会、コスト、リスクの適切なバランスを維持しつつ投資の正当化を推進する責任を含む。

IT戦略と計画

IT計画がビジネス目標に整合するよう、戦略の策定、反復、維持を行い、その戦略を推進し実施するための計画を策定する。ステークホルダーと協働して意思の疎通を図り、目的、説明責任および進捗状況を監視することにより戦略的な管理を実施する。

情報管理

意思決定、ビジネスプロセス、デジタルサービスの支援として情報が使用される方法を全面的に管理する。情報はあらゆる種類のものを対象とする(内部情報、外部情報、構造化データ、非構造化データも含む)。情報の構造と分類をカバーする戦略と方針の策定と推進、データ内容のソーシングと保守に関する方針の策定、データの保管、使用、公開に関するあらゆる側面を規定する法規制の遵守を促進するための方針、規程、業務慣行の開発を行う。

情報戦略の整合性の確保

通常、情報戦略機能が特定部門に委譲されている巨大組織、または企業間の共同事業において、シェアードサービスなどの共通の手法の導入が組織にとってメリットとなる場合、導入範囲に関して情報システム戦略を調整する。

情報セキュリティ

コントロールと管理に関する戦略の選択、設計、正当化、実装、実施を行い、情報システムのセキュリティ、機密性、整合性、可用性、説明責任を維持し、法規制および関連する基準を遵守する。

情報保証

保管中および送信中の情報とデータの整合性、可用性、信頼性、否認防止および機密性を保護する。ステークホルダーからの信頼を獲得するため、実用的かつ費用対効果の高い方法でリスクを管理する。

情報の分析

数字、記号、テキスト、音声、画像内のパターンや傾向を発見、定量化する能力を含む、大量データの検証と分析を行う。関連技術には、統計アルゴリズム、データマイニングアルゴリズム、および規則帰納、人工ニューラルネットワーク、遺伝的アルゴリズムおよび自動インデックス作成システムを含む機械学習法が含まれる。

情報コンテンツの公開

オープンソースと独自のオプションを含む主要な機能を認識し、様々な公開方法と選択肢を評価し適用する。必要な時点でユーザーに提供できるよう、非構造化および半構造化された形式の情報を収集、統合、公開するプロセスを管理、調整する。著作権、データ保護、および公開情報とデータの公開と再利用に関連するその他の法的問題を管理する。

コンサルティング

顧客ニーズに対処するため、専門知識と経験に基づいて助言と推奨を行う。1つの専門領域、または幅広い領域に関し、戦略上のビジネスに関する問題に対処する。また、合意されたソリューションの実装に対するサポートを含む場合がある。

調査

事前に定められた調査目標を達成するため、データの収集、革新、試験的実施、評価、配布を行うことにより知識の向上を図る。

IT管理

ビジネスのニーズを満たすためのITサービスおよび製品を開発、提供、サポートするために必要なITインフラとリソースを管理する。新しいサービスまたは変更されたサービスを準備し、変更プロセスを管理し、規制、法律および専門の基準を維持する。営業実績および財務コストと持続可能性に関し、システムおよびサービスのパフォーマンスを管理する。購入したサービスを管理する。ITインフラがビジネスニーズを十分満たすよう、継続的なサービス改善計画を策定する。

IT財務管理

すべてのガバナンス要件、法的要件および規制要件に従い、材料費、エネルギーコストの特定を含む、ITサービスの提供で使用されるIT資産とリソースの財務的な管理とコントロールを実施する。

ビジネス革新

組織のパフォーマンスの効率と効果を向上させ、ビジネスと組織のプロセスを実施するための新しい方法の可能性を探り、新しいサービスまたはビジネスを確立するため、情報通信技術、ベストプラクティス、方法および基準により提供されるビジネス機会を認識し活用することができる。

ビジネスプロセスの改善

ビジネス活動を行うための新しいアプローチと代替のアプローチを特定する。プロセス自動化の可能性を含むビジネスプロセスを分析し、新しいアプローチの費用と潜在的なメリットを評価し、また該当する場合には変化の管理を行い、実装を支援する。企業レベルでプロセス管理の能力/規律を実施する場合がある。

企業活動の原則

組織の将来の状態を表現し、その進化を可能にする主要な原則、手法およびモデルを具体化する企業活動の原則などの構造を作成、反復、維持する。通常これには、ビジネス目標と推進の反復、ビジネス戦略と目的の「運用モデル」への変換、現在能力の戦略的評価、能力における必要な変更の特定、従業員、組織、サービス、プロセス、データ、情報、技術および外部環境の間での関係の解釈が含まれる。アーキテクチャ開発プロセスは、必要な発展を定義、保証および規定するために必要な制約、基準、基本原則の形成をサポートするものであり、これにより、組織の構造、プロセス、システムおよびインフラにおける変更が容易となり、目標とする状態への予測可能な移行が実現する。

ビジネスリスク管理

特に情報技術の使用、エネルギー供給の減少または利用不可、材料、ハードウェアまたはデータの不適切な廃棄により生じる、ビジネスの成功または整合性に対するリスクを管理するための組織全体のプロセスと手順を計画、実施する。

持続可能戦略

確立された企業戦略を考慮し、方針と計画のための基礎として使用し、エネルギーと材料の消費と調達の両方をカバーする持続可能戦略を策定する。必要に応じ、政治、法律、経済、社会、技術的な要因を評価、包含する。導入するべき主要な外部の基準、業務慣行またはスキームを特定する。社内外の特定されたステークホルダーと協力する。戦略への合意を取得し、それに基づいて行動する。

最先端技術モニタリング

新しい、および開発中のハードウェア、ソフトウェア、通信技術製品、サービス、方法および手法を識別し、ビジネスイネーブラーとしてのそれらの関連性と潜在的な価値を評価し、コスト、性能または持続可能性の改善を実施する。スタッフと経営者による最先端技術の認識を促進する。

ビジネス継続管理

サービスの継続的な提供を計画、サポートする。これには、重要なビジネスプロセスをサポートする情報システムの特定、それらのシステムの可用性、整合性、機密性に対するリスクの評価、計画、設計、検証、保守手順の調整、漏洩に対処し、合意された継続性のレベルを維持するための危機管理計画が含まれる。この機能は、組織全体のビジネスの継続性を計画する機能の一部、または、その密接な協力によって実行する必要がある。