SFIAビュー: DevOps の作業方法

DevOps の作業方法

DevOps の文化と作業方法をサポートするために、組織プロセスの適応と運用に必要なスキル。技術的な自動化機能を超えて、完全な利益を達成し、異なる文化を埋め込むためには、作業慣行に対する他の変更が必要です。組織全体の構造によっては、コア DevOps チーム以外の部門、チーム、役割を調べる可能性が高くなります。ここにリストされているスキルは、これらの議論を導くものです。

手法およびツール METL

システムの計画、開発、テスト、運用、管理および保守をサポートするための方法およびツールの定義、調整、実装、評価、測定、自動化および改善。 組織全体で確実に方法とツールが採用され効果的に使用されている。

製品管理 PROD

市場機会と顧客/ユーザーのニーズに対応し、ビジネスに最大限の価値をもたらすために、ライフサイクル全体(開始から退職まで)での製品またはサービスの積極的な管理。 作業のコンテキストに基づいた製品開発モデルの採用と適応、および予測(計画主導型)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチから適切な選択。

要件の定義および管理 REQM

情報セキュリティ SCTY

コントロールと管理に関する戦略の選択、設計、正当化、実装、実施を行い、情報システムのセキュリティ、機密性、整合性、可用性、説明責任を維持し、法規制および関連する基準を遵守する。

ユーザーエクスペリエンス評価 USEV

ステークホルダーおよび組織の要件が満たされ、必要とされる実践がフォローされ、使用中のシステムが組織およびユーザーのニーズを継続して満たしていることを確認するため、システム、製品またはサービスの検証。製品またはサービスの有用性のレベルを最適化するため、有効性、効率性、ユーザー満足度、安全衛生、アクセシビリティの繰り返し評価(初期プロトタイプから最終的な運用まで)。

変更管理 CHMG

サービス資産、構成要素および関連文書を含む、サービスインフラの変更を管理。変更管理では、変更により影響を受けるビジネスサービスの可用性、性能、セキュリティおよびコンプライアンスの効果的なコントロールとリスクを低減するため、標準または緊急の変更、およびインシデントまたは問題に起因する変更のための変更要求(RFC)を使用する。

インシデント管理 USUP

解決のための適切な機能への支援を求める要求を導き、解決活動を監視し、サービスの復旧に向けた進捗をクライアントに評価されつつ行うインシデントレポートへの適切かつタイムリーな応答の処理と調整。

問題管理 PBMG

分類、優先順位付け、行動の開始、根本原因の文書化、将来のインシデントを防ぐための措置の実施を含め、情報システムのライフサイクルにわたり、反応措置および事前措置として問題を解決する。

パフォーマンス管理 PEMT

能力の決定、チームへの統合、タスクの割り当て、指示、サポート、誘導、動機付けおよびパフォーマンス管理を含め、人材のパフォーマンスの最適化。

専門性開発 PDSV

ナレッジマネージメント KNOW