リリースおよび展開 RELM

運用管理 およびユーザーコミュニティへの制御された効果的な引き渡しを、指定されたサービスの確立または継続しながら、可能にする変更と更新(「リリース」としてバインドされます)をライブ環境にパッケージ化、構築、テスト、展開するプロセス、システム、機能の管理。 リリースの効率と品質を向上させる自動化の適用。

リリースおよび展開: Level 6

開発および作成/運用の両方における組織のリリース方針を策定する。管理プロセス、ツール、手法および要員整備し、サービス、サービスコンポーネントおよびパッケージの移行の計画とコンプライアンスを確認し、すべてのリリースと展開活動において検証、認証および構成管理が統制されていることを確認する。重要なリリース業務およびエスカレーションのポイントを承認する。

リリースおよび展開: Level 5

リスクの評価を含む、リリースパッケージの評価、分析、計画、および設計を主導する。 リリーススケジューリングと進捗状況の伝達について、ビジネスパートナーおよびITパートナーと連携する。 リリース後のレビューを実施する。 リリースプロセスと手順が適用され、必要に応じてリリースをロールバックできるようにする。 適切なリリースおよび展開ツール、技術、プロセス(自動化を含む)の採用を特定、評価、管理する。

リリースおよび展開: Level 4

リリースコンポーネントを評価、分析する。スケジュールのためのインプットを提供する。テスト担当者、ツールと方法の維持管理を行うコンポーネントスペシャリストと協働し、手動または自動でビルドとテストを実施、可能な場合には構成管理との情報交換を行う。リリースプロセスおよび手順が維持されていることを確認する。

リリースおよび展開: Level 3

リリースおよび展開業務の特定の領域に対してツールおよび手法を使用する。行った技術的な業務とその結果を文書化し、業務記録を管理する。初期ユーザーへのサポートアドバイス提供など、初期サポート活動を行う場合がある。