手法およびツール METL

システムの計画、開発、テスト、運用、管理および保守をサポートするための方法およびツールの定義、調整、実装、評価、測定、自動化および改善。 組織全体で確実に方法とツールが採用され効果的に使用されている。

手法およびツール: Level 6

方法とツールに関する組織の方針、標準、およびガイドラインを作成する。 全体的なビジネス要件に一致するように、テクニック、メソドロジー、およびツールの導入と使用における方向性とリードを設定し、すべてのユーザーグループ間での一貫性を確保する。 ポリシーと標準の採用と順守を保証するための方法とツール(自動化を含む)の組織能力の開発を導く。

手法およびツール: Level 5

方法とツールの採用、および方針と標準の順守を促進するためのアドバイス、ガイダンス、および専門知識を提供する。 合意された方針と基準に沿って適切な方法とツールを評価し選択する。 合意された基準に沿った選択および調整を含む、プログラム、プロジェクト、およびチームレベルでの方法とツールを実装する。 メソッドとツールの利点と価値のレビューを管理する。 改善点を特定し、推奨します。 方法とツールに関する組織の方針、標準、およびガイドラインに貢献する。

手法およびツール: Level 4

方法とツールの採用、および方針と標準の順守をサポートするためのアドバイスとガイダンスを提供する。 テーラーは、合意された基準および方法とツールの評価に沿ってプロセスを進める。 メソッドとツールの使用法と適用をレビュして改善する。

手法およびツール: Level 3

既存の方法とツールの使用に対するサポートを提供する。 既知のコンテキスト内でメソッドとツールを設定する。 メソッドとツールのドキュメントを作成および更新する。