ユーザーの調査 URCH

エスノグラフィー、観察技術、タスク分析、および社会的および技術的コンテクストの両方を組み込んだ他の方法論を通じて、ユーザーの行動、ニーズおよび動機の識別。システム、製品、サービスの新しい機会の発見、深く理解の形成のための調査において、ユーザーとしっかりと関与するアプローチの実行。システム、製品、サービスの設計の成功可能性を最大化するために、ターゲットユーザーとセグメントを特定し、異なる利用人口とそのニーズを定量化。組織のシステム、製品、サービスのユーザーの多様性を把握するための調査活動に幅広いユーザーの取込み。

ユーザーの調査: Level 6

ユーザーの現在および将来のニーズを深く理解するために、ユーザーが調査に大いに関与することにつき、ユーザー中心の設計の第一人者であり、組織的なコミットメントを保証する。研究によりシステム、インタラクション、製品、サービスの開発のための情報が継続的にもたらされ、利用者のための可用性、利便性が最適化し、要求された成果物が得られるよう、組織の方針、標準、ガイドラインを作成する。専門的なユーザー中心の設備やユーザーコミュニティを含むユーザー調査の採用と活用を促進するための組織リソースと能力を開発または獲得する。効果的なユーザー調査を容易にするために社内外のパートナーと協力する。

ユーザーの調査: Level 5

システム、製品、およびサービスのイノベーションおよびそれらの機能強化のための機会を見つけるために、生成的調査(Generative Research)へのユーザーの参加を促進するために使用されるアプローチを決定する。人々の行動、ニーズ、意見に関連するデータの収集と分析を行う。知見を統合し、洞察を深め、意思決定と行動を促すためのファインディングを提示する。合意されたアプローチの採用を支援するための専門家のアドバイスと指導を提供するユーザーリサーチ活動を企画し、推進する。ユーザー調査のための組織的な手法と基準の開発に貢献する。

ユーザーの調査: Level 4

システム、製品、サービスのイノベーションと充実の機会を見つけるために、生成的調査(Generative Research)を実施する。人々の行動、ニーズ、および意見に関連するデータを収集し、分析する。知見の統合、意思決定、行動を促すための洞察、レポート、プレゼンテーションの作成をサポートできる。プロジェクトや先行調査のためのユーザー研究アプローチの選択に貢献し、ユーザーの研究活動を計画できる。合意されたアプローチの採用を支援する。ユーザー調査のための組織的方法と標準の開発に貢献できる。ユーザーやステークホルダーからの知見を活用する。建設的な課題を提示し、要件の効果的な優先順位付けを可能にする。

ユーザーの調査: Level 3

ユーザー調査の先行調査をサポートする標準的な方法を適用する。研究活動において幅広いチームを巻き込む。ユーザーや顧客代表者と効果的に連携し、質の高い調査を実施する。ユーザー調査の結果を文書化して共有する。