ソリューションアーキテクチャ ARCH

現在および将来のビジネスニーズを満たす統合ソリューションの設計と開発を可能にし、その指針となる高レベルの構造の設計、伝達を行う。ソリューションアーキテクチャには、技術コンポーネントの他、サービス、プロセス、組織および運用モデルの変更が含まれる。関連するアーキテクチャ、戦略、方針、基準および業務慣行(セキュリティを含む)が考慮され、既存および計画されたソリューションコンポーネントが互換性を維持していることを保証するため、ソリューションコンポーネントの開発および変更に関する包括的な指針を提供する。

ソリューションアーキテクチャ: Level 6

社内外の顧客と合意した具体的な要件の一貫性を保証し、複雑なソリューションのアーキテクチャ開発を牽引する。組織の重要な領域において、機能、サービス品質、システム管理の各要件の間のバランスの維持に対する全責任を負う。ソリュ-ションアーキテクチャコンポーネントの選択のための方針と戦略を策定し、設計業務を調整し、一貫性を保証するための規律を推進する。適当な基準(該当する企業、業界、国内および国際的な)に準拠していることを確認する。ビジネス変更プログラムにおいて、目標設計、方針、基準を管理し、安定した実現可能なアーキテクチャを維持するために積極的に働きかけ、プログラム内の複数のプロジェクトにわたり設計の一貫性を確保する。

ソリューションアーキテクチャ: Level 5

特定のビジネスまたは機能の分野でのソリューションアーキテクチャの開発に寄与する。適当なツール、方法が利用でき、アーキテクチャ開発に理解され採用されていることを保証する。変更プログラムの範囲内で、技術計画の作成を導き、ビジネス保証およびプロジェクトスタッフと連携して、適切な技術リソースが利用可能にする。 ソリューション開発と統合(変更要求、仕様からの逸脱など)の技術的側面についてアドバイスを提供し、関連する技術的戦略、ポリシー、標準、および慣行(セキュリティを含む)が正しく適用されていることを確認する。

ソリューションアーキテクチャ: Level 4

特定のビジネス、インフラストラクチャ、または機能領域におけるソリューションアーキテクチャの開発に貢献する。 代替アーキテクチャーを、コスト、パフォーマンス、およびスケーラビリティーのトレードオフを識別して評価する。 選択したサービスと製品を使用して詳細設計に変換するための、クラウドベースまたはオンプレミスのコンポーネント、層、およびインターフェースの仕様を作成します。 エンタープライズおよびソリューションアーキテクチャ標準(セキュリティを含む)に準拠する技術計画の作成および設計原則の適用を通じて、変更プログラムまたはプロジェクトをサポートする。