ソフトウェア設計 SWDN

概念とパターンを認識し、ソフトウェアの構築と検証の基礎を提供する設計への変換。代替案とのトレードオフの評価。システム設計、設計基準、品質、実現可能性、拡張性および保守性の制約の中での設計決定の促進。情報に基づく意思決定を可能にするプロトタイプ/シミュレーションの開発と反復。予測(計画主導)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチを適切に選択し、作業のコンテクストに基づいたソフトウェア設計モデル、ツール、技術の採用と適応。

ソフトウェア設計: Level 6

適切なソフトウェア設計方法、ツール、技術の選択と開発を主導する;システム設計原則の重要性と価値、および適切なシステム設計ライフサイクルモデル。 予測的(計画駆動)アプローチか、より適応的(反復/アジャイル)アプローチか。ソフトウェア設計とソフトウェアアーキテクチャに関する組織の方針、標準、ガイドラインを作成する。技術戦略とシステムアーキテクチャ(セキュリティを含む)に準拠することを保証する。

ソフトウェア設計: Level 5

適切なソフトウェア設計方法、ツール、技術を選択、採用、適応する;予測(計画駆動)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチから適切に選択する。大規模または複雑なソフトウェアコンポーネントの仕様策定と設計を行う。主要な設計案の影響分析を行い、推奨と評価を行い、関連するリスクを管理する。情報に基づく意思決定を可能にするプロトタイプ/シミュレーションの仕様を策定する。他者のシステム設計の品質を評価して、標準への順守を確認し、必要に応じて是正措置を見極める。機能、品質、セキュリティ、およびシステム管理要件を兼ね備えたシステム設計を保証する。組織のソフトウェア設計およびアーキテクチャのポリシーと基準の策定に貢献する。

ソフトウェア設計: Level 4

合意されたソフトウェア設計基準、パターン、方法論に従って適切なモデリング技術を使用してソフトウェアコンポーネントとモジュールを設計する。ソフトウェア設計のすべてのステークホルダーの懸念事項を特定、調整し、機能要件と非機能要件の両方の折り合いをつけるために複数の設計概念図を作成し、伝える。別の設計案とトレードオフを特定し、評価する。対象となる環境、パフォーマンスセキュリティ要件、および既存のシステムを考慮した設計を推奨する。仕様に対するレビューを行い、検証し、改善する。他者の設計のレビューを先導する。ステークホルダーの承認を得るために、またソフトウェアの効果的な構築を行うために、提案されたソフトウェアの動作をモデル化し、シミュレートし、プロトタイプ作成する。適切な方法を構築して適用することにより、ソフトウェア設計を検証する。

ソフトウェア設計: Level 3

合意された基準、パターン、ツールを適用して、中程度に複雑なソフトウェアアプリケーションまたはコンポーネントの全体を設計する。大規模なソフトウェアシステムのコンポーネントの設計におけるチームの一員として支援を行う。ユーザーインターフェイスおよび/またはシステムインターフェースを決定する。デザインのさまざまな関係者の懸念に対処し、機能的要件と非機能的要件をそれぞれ処理するために、複数の設計概念図を作成する。代替案とトレードオフの評価を手助けする。必要に応じて他者と協働で作業をレビューする。

ソフトウェア設計: Level 2

合意されたモデリング手法、基準、パターン、ツールを適用して、単純なソフトウェアアプリケーションまたはコンポーネントの詳細な設計を作成し、文書化する。大規模なソフトウェアシステムのコンポーネントの設計に貢献する。自分の作業をレビューする。