リアルタイム/組込みシステム開発 RESD

信頼性の高いリアルタイムソフトウェア、オペレーティングシステム、ツール、組み込みシステムのアーキテクチャ、設計、開発を行う。多くの場合リアルタイム、安全性、セキュリティ、および信頼性の制約を伴う、より大きな機械的または電子システム内に専用機能を備えたコンピュータシステムを埋め込むこと。典型的には、工業用、自動車用、航空宇宙用および医療用機械、ロボットおよびIoT(Internet of Things)デバイスを含む機器などのアプリケーションといった、ハードウェア、機械式センサおよびアクチュエータの監視および制御用インターフェースを含む。

リアルタイム/組込みシステム開発: Level 6

リアルタイム/組み込みシステムの構想と設計における全体的な方向性を示す。新しいテクノロジーや既存のテクノロジーの新たな用法を利用するために、リアルタイム/組み込みソフトウェアのアーキテクチャを開発する。要件、システムアーキテクチャ、パフォーマンス、コスト、実現可能性の制約と合致した、効果的な導入および調達戦略を策定する。パフォーマンス、安全性、セキュリティ、信頼性などの重要で非機能的な要件がどのように達成されているかを含む、リアルタイム/組み込みシステムの開発のための組織ポリシーと基準を設定する。関連する戦略、方針、基準の採用と遵守を促進する。

リアルタイム/組込みシステム開発: Level 5

電力、コスト、物理的スペース、応答時間、および信頼性によるリソースの制約内で、合意されたシステム仕様を満たす設計リアルタイム/組み込みソフトウェアアーキテクチャを設計、開発する。リアルタイム/組み込みソフトウェアの設計、開発、デバッグ、検証を可能にするプログラミング言語、モデル、技術、専用ツール、ハードウェアを選択する。リアルタイム/組み込みシステムの開発を計画、管理する。ハードウェアとソフトウェアの間の主要な設計オプションとトレードオフについての影響分析し、推奨、評価し、関連するリスクを管理する。適切なコンポーネントの選択とリソースの効率的な使用を確実にするために、他者の設計を検証し、検証する。ソフトウェア要件が補完的なハードウェアおよび電気、電子、機械、音響、生理学、光学などのその他関連分野に及ぼす影響を調査する。

リアルタイム/組込みシステム開発: Level 4

フェイルセーフ特性や潔い機能縮小を組み込んだ複雑なリアルタイム/組み込みシステムコンポーネントを設計および開発する。組み込みシステムで動作するソフトウェアを開発し、実装できる。リアルタイム/組み込みシステムのプロトタイプやシミュレーションを開発し、意思決定をサポートする。リアルタイム/組み込みシステムのコンポーネント間の接続を反映する物理レイアウトを設計して、パフォーマンスをテストおよび最適化する。確認および検証活動に貢献する。組み込みソフトウェアの開発、テスト、デバッグ、トラブルシューティングに特化したツールやハードウェア(ロジックアナライザ、インサーキットエミュレータ、デジタルストレージオシロスコープなど)を使用して、高いレベルの整合性と信頼性を確保する。

リアルタイム/組込みシステム開発: Level 3

リアルタイム/組込みシステム開発: Level 2

センサ、アクチュエータ、I / Oポートを用い、ハードウェアを備えた簡便な組み込みシステムコンポーネントと、物理空間の間のインタラクションを設計する。低レベルのプログラミング言語を使用して、システム全体的なのシステム設計の一部として、単純なリアルタイム/組み込みコンポーネントを開発する。ロジックアナライザ、インサーキットエミュレータ、デジタルストレージオシロスコープなどの特殊なツールを使用して、リアルタイム/組み込みシステムの広範なテストを実行するための標準的なアプローチを適用する。