無線エンジニアリング RFEN

ITシステムの無線周波数(RF)およびアナログ要素の展開、統合、較正、調整、および保守。

無線エンジニアリング: Level 6

無線周波数装置の性能要件を特定し、保守方針を策定する。

無線エンジニアリング: Level 5

保守スケジュールおよび手順を策定する。装置のアップグレードおよび変更を承認する。システム性能を監視し、装置の変更および運用手順、保守方法およびスケジュールに対する変更を推奨する。

無線エンジニアリング: Level 4

幅広い診断ツールと手法を用いて、システム全体の故障状態を調査、解決する。一時的な停止を回避するため、装置を再構成する。

無線エンジニアリング: Level 3

保守スケジュールに従い、適切なツールとテスト装置を用いて、無線周波数/アナログ要素の展開、設定、チューニングおよび校正を行う。ハードウェア/ファームウェアの変更を組み込む。自動障害/性能指標を解釈し、指示された手順に従って、個別部品レベルまでの障害を解決する、またはエスカレーションを行う。

無線エンジニアリング: Level 2

無線周波数/アナログ要素の設定、調整および機能確認を支援する。与えられた手順に従って、ライン交換ユニット(LRU)レベルまでの障害を解決する、またはエスカレーションを行う。与えられた手順に従ってユーザーの信頼性チェックを行い、障害をエスカレーションする。