キャパシティ管理 CPMG

ビジネスに合わせた費用対効果の高い方法で現在および予測のニーズを満たすための、サービスコンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークリソース、およびソフトウェア/インフラストラクチャとしてのサービスを含む)の機能、機能、および持続可能性の計画、設計、および管理 サービスの実行に必要なキャパシティのレベルの長期的な変化と短期的な変動の両方のモデリング。 需要の変化に対応するため、需要を制御し、費用対効果の高いタイムリーな方法で容量を追加/削減する技術の展開。

キャパシティ管理: Level 6

ITサービスのすべてのパフォーマンス測定値がビジネスのニーズを満たしていることを確認するためのポリシーと戦略を開発し、実施されているサービス要件またはサービスレベル契約を実行する。 組織の計画または予算サイクル全体にわたるキャパシティモデリングと予測を主導する。 キャパシティ管理のポリシーと標準が目的、現在に適合し、正しく実装されていることを確認する。 新しいビジネス提案をレビューし、キャパシティの問題に関する専門家のアドバイスを提供する。

キャパシティ管理: Level 5

キャパシティモデリングと予測アクティビティを管理する。 サービスレベル契約とともに情報を事前に確認して、容量の問題を特定し、必要な変更を指定する。 柔軟でスケーラブルな容量での設計など、サービスコンポーネントの設計をサポートするためのアドバイスを提供する。 営業担当者と協力して、キャパシティの短期および中期の修正に同意し、実装する。 サービスコンポーネントキャパシティ管理の標準と手順を作成し、維持します。 標準と手順の正しい実装を保証する。

キャパシティ管理: Level 4

サービスコンポーネントのキャパシティを監視し、合意された手順に従って不足を解決するアクションを開始する。 特定のリソースまたはサービスの需要を制御する手法を適用する。 容量のモデリングと計画に貢献する。 サービスコンポーネント容量の設計をサポートする。