Levels of responsibility: レベル6

自律性

技術、財務、品質面を含む広範囲の業務分野において、行為と決断における権限と説明責任を定義する。組織目標を設定し、職務分担を決定する。

影響度

方針と戦略の策定に対する影響力を持つ。業界のリーダーを含む上級管理職レベルの社内外の顧客、サプライヤー、パートナーと影響力のある関係を構築する。所属組織の業務、組織目標の達成、財務実績に影響を与える意思決定を行う。

複雑度

ビジネスに関する広範囲な知識を持ち、自身の専門分野について深く理解している。技術、財務、品質などの領域にわたる高度に複雑な業務を遂行する。方針と戦略の実行貢献する。技術および管理における様々な原則において創造性を発揮する。

知識

自組織での基礎知識、専門知識の知識体系の活用を推進する。自組織およびサプライヤ、パートナー、競合他社、顧客企業の業務と手法に関するビジネス知識を獲得している。

ビジネススキル

明確なリーダーシップを発揮する。技術部門およびそれ以外の部門双方のあらゆるレベルに対して効果的なコミュニケーションを行う。

新たな技術の価値を理解する。業界の発展と、所属組織における技術の役割と影響を理解し発信する。複雑な情報を処理する。

様々な能力を持つ人に対する平等アクセス、機会均等を提供するためのサービス、製品、実務の必要性、関連法規への準拠などを進める。

自らおよび周囲のスキルを最新のものに保つように働きかける。 

リスクに対処し管理する。

自らの責任領域と組織全体におけるセキュリティの推進におけるリーダー的役割を果たす。