SFIAビュー: データ・ライフサイクル管理のスキル

データ・ライフサイクル管理のスキル

データ生成のキャプチャ、保守、アクティブ・使用、パブリケーション、アーカイブからパージまで、データのライフサイクル全体をサポートするために必要なスキル。

システム開発の管理 DLMG

ソリューションアーキテクチャ ARCH

現在および将来のビジネスニーズを満たす統合ソリューションの設計と開発を可能にし、その指針となる高レベルの構造の設計、伝達を行う。ソリューションアーキテクチャには、技術コンポーネントの他、サービス、プロセス、組織および運用モデルの変更が含まれる。関連するアーキテクチャ、戦略、方針、基準および業務慣行(セキュリティを含む)が考慮され、既存および計画されたソリューションコンポーネントが互換性を維持していることを保証するため、ソリューションコンポーネントの開発および変更に関する包括的な指針を提供する。

要件の定義および管理 REQM

データモデリングと設計 DTAN

データ要件を表現・伝達し、組織内の資産と実世界のエンティティとの関係を理解するためのモデル構築。ソフトウェアシステムの構築、データ統合、データ補完に役立つ調査・分析・データ要件の決定。データ要件とデータモデルの繰り返し見直しおよび保守。

データベース設計 DBDS

ビジネス上の情報に対する要件に沿ったデータストレージ及びデータへのアクセスの仕様策定、設計と保守。企業のデータ資産とローカル環境に保存されたデータ構造を整理する物理データ層の設計。データ分析及びビジネスインテリジェンスを支える物理的または仮想的なデータウェアハウスの定義。

ビジネス分析 BUAN

事業目標、目的、機能およびプロセス、使用される情報、ならびにその情報が基づくデータに関する、事業の全体または一部の系統的な調査、分析、レビュー、および文書化。 プロセスとシステムを改善し、それらのコストを削減し、それらの持続可能性を高め、そして潜在的なビジネス上の利益を定量化するための要件の定義。 情報通信システムの展開に備えた、実行可能な仕様と承認基準の共同作成および反復。 業務の状況に基づいて、予測(計画主導)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチから適切に選択することで、ビジネス分析アプローチの採用と適応。

システム設計 DESN

プログラミング/ソフトウェア開発 PROG

ステークホルダーに約束した価値を提供するために、新規および修正されたソフトウェアコンポーネントを計画、設計、開発、修正、検証、テストおよび文書化。合意されたソフトウェア開発とセキュリティ基準とプロセスの認識、作成、適用。作業のコンテクストに基づいたソフトウェア開発ライフサイクルモデルの採用と適応および予測(計画主導)アプローチまたは適応(反復/アジャイル)アプローチからの適切な選択。

ビジネスプロセスの検証 BPTS

ビジネスプロセス検証の計画、設計、管理、実行、報告を行い、有用性を評価。定義されたプロセスのエルゴノミクス、有用性および適合性の評価に評価スキルを適用。これには、行うテスト業務の総括(ユーザーニーズの記述、ユーザーインターフェイスの仕様を含む)、評価プログラムの設計、ユーザーサンプルの選択、パフォーマンスの分析、開発チームへの結果の伝達が含まれる。

検証 TEST

適切な検証ツールと手法を用いて、合意されたプロセス基準と業界固有の規制に従い、検証を計画、設計、管理、実行および報告する。検証の目的は、新しいシステムおよび修正されたシステム、構成、パッケージ、またはサービスがインターフェースと共に指定された通り動作し(セキュリティ要件を含む)、展開に関連するリスクが十分理解され、文書化されていることを確認する。検証には、設計プロセス、テストウェア(テストケース、テストスクリプト、テスト報告書、テスト計画など)の使用と保守、検証を行うソフトウェアの品質の測定と改善が含まれる。

情報の分析 INAN

データの可視化 VISL

情報コンテンツの作成 INCA

想定ユーザーの要望に合致した(必要に応じて図画で補足された)文書情報を作成、設計、管理、提示に関する原則と実践の適用。この情報はデジタル、印刷または別のメディアで伝達されうる。作成プロセス及び編集と公開のプロセスとの連携を管理。

情報コンテンツの公開 ICPM

オープンソースと独自のオプションを含む主要な機能を認識し、様々な公開方法と選択肢を評価し適用する。必要な時点でユーザーに提供できるよう、非構造化および半構造化された形式の情報を収集、統合、公開するプロセスを管理、調整する。著作権、データ保護、および公開情報とデータの公開と再利用に関連するその他の法的問題を管理する。

データベース管理 DBAD

データベースのインストール、構成、アップグレード、管理、監視、およびメンテナンス。 実稼働環境での運用データベース、および反復的な開発やテストなどの内部または暫定的な目的のためのサポートを提供。 データベースのパフォーマンスと、データベース管理(自動化を含む)のためのツールとプロセスの改善。

可用性管理 AVMT

電源の可用性を含む、サービスの可用性のすべての面の定義、分析、計画、測定、維持、改善を行う。サービスの可用性の全体的な統制と管理を行い、すべてのサービスにおいて提供されるサービスのレベルが、費用対効果の高い方法で、合意された現在および将来のビジネスのニーズに一致している、またはそれを超えていることを確認する。

ストレージ管理 STMG

オンライン、オフラインをカバーするストレージ用ハードウェアとソフトウェア、リモートおよびオフサイトデータストレージ(バックアップ、アーカイブおよびリカバリ)を計画、実装、構成および調整し、規制およびセキュリティ要件の遵守を確認する。

キャパシティ管理 CPMG

ビジネスに合わせた費用対効果の高い方法で現在および予測のニーズを満たすための、サービスコンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークリソース、およびソフトウェア/インフラストラクチャとしてのサービスを含む)の機能、機能、および持続可能性の計画、設計、および管理 サービスの実行に必要なキャパシティのレベルの長期的な変化と短期的な変動の両方のモデリング。 需要の変化に対応するため、需要を制御し、費用対効果の高いタイムリーな方法で容量を追加/削減する技術の展開。