ユーザーエクスペリエンス評価 USEV

ステークホルダーおよび組織の要件が満たされ、必要とされる実践がフォローされ、使用中のシステムが組織およびユーザーのニーズを継続して満たしていることを確認するため、システム、製品またはサービスの検証。製品またはサービスの有用性のレベルを最適化するため、有効性、効率性、ユーザー満足度、安全衛生、アクセシビリティの繰り返し評価(初期プロトタイプから最終的な運用まで)。

ユーザーエクスペリエンス評価: Level 6

評価活動におけるユーザーの関与を含む、ユーザーと組織のシステム、製品、サービスとの間の相互作用のあらゆる側面における高い基準を達成する。使いやすさとアクセシビリティのための組織目標を達成するための基準と方法を指定し、将来の設計でこれが確実に対処されるようにする。専門的なユーザー中心の設備、ユーザーのコミュニティなど、効果的なユーザーエクスペリエンス評価を実施するための組織リソースと能力を開発または獲得する。社内外のパートナーと協力して、システム、製品、サービスの効果的な評価を促進する。

ユーザーエクスペリエンス評価: Level 5

システム、製品、またはサービスのユーザーエクスペリエンス評価を管理して、使いやすさとアクセシビリティの要件が満たされ、要求される慣例に従っており、使用中のシステムが組織とユーザーのニーズを満たし続けていることを確認する。評価する対象、使用する評価の種類とユーザーの関与の程度について助言する。設計チームと繰り返し作業して、評価結果をシステム、製品、サービスの設計者や開発者が理解し、それに基づいて行動するようにするよう計らう。特定のデザインやプロトタイプのユーザビリティとアクセシビリティレベルの達成に関する助言する。

ユーザーエクスペリエンス評価: Level 4

ユーザビリティ評価とユーザ補助の要件が満たされていることを確認および確認するために、あらゆるタイプのユーザエクスペリエンス評価を計画および実行する。形成的または総括的評価のいずれを使用するかを適切に選択する。普遍的なユーザビリティテストと極端なユーザビリティテストの両方を容易にする。合意されたユーザビリティとアクセシビリティ仕様に基づいて、システム、製品、またはサービスのプロトタイプまたは設計を評価する。評価の結果を解釈し提示し、問題の優先順位付けを行える。ユーザビリティやアクセシビリティのニーズの変化に対応しているシステム、製品、サービスをチェックし、これらのニーズが引き続き満たされていることを確認する。使用状況の変化に対する要件の安定性を評価する。

ユーザーエクスペリエンス評価: Level 3

システム、製品、またはサービスの開発要件に関するユーザーからのフィードバックを得るために、設計オプションとプロトタイプを評価する。コンポーネントと代替デザインのユーザビリティとアクセシビリティをテストする。種々の評価、記録データおよびフィードバックを管理する。評価データを分析し、対応を推奨する。適用可能な基準、ガイドライン、スタイルガイド、および法律に適合しているかどうか、システム、製品またはサービスをチェックする。ベンチマーク値を提供し、設計の入力として既存システムまたは競合システムのユーザビリティを評価する。

ユーザーエクスペリエンス評価: Level 2

システム、製品またはサービスの評価の準備、および環境の運用において、効果的な評価に必要な設備ツールを支援する。 ユーザーや他の人からのプロトタイプやデザインに関するフィードバックの収集を支援する。 環境を維持する。