ユーザーエクスペリエンス設計 HCEV

システム、製品またはサービスを利用する際のユーザビリティとアクセシビリティを向上させることによって、ユーザー満足度を向上させる反復設計プロセス。ユーザビリティとアクセシビリティ要件を満たすためのユーザーのデジタルおよびオフラインタスク、インタラクションおよびインターフェースの設計。ユーザー中心の評価およびデザインへのフィードバックおよびデザイン、開発、および実装を担当するユーザーへのコミュニケーションに応じたデザインの改良。

ユーザーエクスペリエンス設計: Level 6

必要なユーザビリティ、アクセシビリティ、セキュリティを提供するためのポリシー、標準、戦略に対する組織のコミットメントを得る。システム、製品、サービスの組織目標を達成するために、デジタルとオフラインの経験を含めたユーザーエクスペリエンスの設計基準と手法を定義する。戦略的、大規模かつ複雑なプログラムのためのユーザーエクスペリエンスの設計活動を企画し、指導する。

ユーザーエクスペリエンス設計: Level 5

システム、製品、またはサービスのユーザビリティおよびアクセシビリティ要件に沿った、デジタルおよびオフラインのタスク、インタラクションとインターフェースの設計およびプロトタイプ作成に用いるアプローチを決定する。反復アプローチを用いて、ユーザーフィードバックを設計に迅速に組み込む。専門家としての助言と指導を与えることによって合意されたアプローチの適用をサポートし、ユーザーエクスペリエンスの設計活動を計画し、推進する。必要なビジュアルデザインとブランディングをユーザーエクスペリエンスのデザインアクティビティに統合する。

ユーザーエクスペリエンス設計: Level 4

ユーザビリティとアクセシビリティの要件を満たすために、ユーザーのデジタルおよびオフラインタスク、インタラクション、およびインターフェースを設計および開発する。概念を理解して成果物とプロトタイプの形にし、ユーザーのフィードバックを取り込んでデザインを改善する。適切なツール、方法、およびデザインパターンを指定する。設計を行う上での選択肢を評価し、パフォーマンス、ユーザビリティ、アクセシビリティ要件を考慮した設計を推奨する。一貫性があり、インパクトのあるユーザーエクスペリエンスを提供するために、ビジュアルデザインとブランディングのガイドラインを解釈し、それに従う。

ユーザーエクスペリエンス設計: Level 3

選択されたシステム、製品、またはサービスコンポーネントのユーザビリティおよびアクセシビリティ要件を満たすために、ユーザーのデジタルおよびオフラインタスク、インタラクションおよびインターフェースを設計・開発するためのツールおよび手法を適用する。機能するプロトタイプを作成する。チームの一員として、全体的なユーザーエクスペリエンスの設計を支援する。設計の選択肢とトレードオフの評価を支援する。ビジュアルデザインとブランディングガイドラインを一貫して適用する。