プロジェクト管理 PRMG

プロジェクト管理: Level 7

適切な方法論の適用を含む、プロジェクト管理の方向性と実施を規定する組織の戦略を策定する。大規模なプロジェクト管理を承認する。戦略的な影響度の高い、リスクの高いプロジェクトのためのプロジェクト計画、活動のスケジュール、統制および報告をリードする。リスクを管理し、問題に対する解決策が変更管理プロセスに従って実行されていることを確認する。

プロジェクト管理: Level 6

複雑なプロジェクトの定義、文書化、および正常な完了(通常、重大なビジネス上の影響、政治的な影響、または注目を集める影響、およびリスクの高い依存関係)に対して全責任を負う。 計画主導型/予測型アプローチ、またはより適応型(反復的かつアジャイル)アプローチの中から適切に選択して、プロジェクト管理の方法とツールを採用および適応させる。 効果的なプロジェクト管理、変更管理、リスク管理およびテストプロセスが確実に維持されるようにする。 プロジェクト予算に対してリソース、収益、資本コストを監視および管理し、すべてのプロジェクト関係者の期待を管理する。

プロジェクト管理: Level 5

中規模プロジェクトの定義、アプローチ、円滑化、および満足のいく完了(通常、直接のビジネスへの影響と確定した期限付き)に対して全責任を負う。 プロジェクトの成功に対するリスクを特定し、評価し、管理する。 現実的なプロジェクト計画を確実に維持し、利害関係者への定期的かつ正確なコミュニケーションを確保する。 予測的(計画主導)アプローチでも適応的(反復/アジャイル)アプローチでも、適切なプロジェクト管理方法とツールを採用する。 品質レビューがスケジュールどおりに手続きに従って行われるようにする。 変更管理手順を管理し、プロジェクトの成果物が合意されたコスト、タイムスケール、およびリソース予算内で完成し、承認されるようにする。 プロジェクトチームに効果的なリーダーシップを提供し、チームの業績が合意された許容範囲から逸脱した場合に適切な行動を取る。

プロジェクト管理: Level 4

小規模プロジェクトまたはサブプロジェクト(通常6か月以内、予算が限られ、他のプロジェクトとの相互依存性が少なく、戦略的な影響は少ない)を、単独または小規模チームとの間で定義、文書化し、実行する。 プロジェクトの成功に対するリスクを特定し、評価し、管理する。 予測的(計画主導)アプローチでも適応的(反復/アジャイル)アプローチでも、適切なプロジェクト管理方法とツールを適用する。 プロジェクトアプローチを利害関係者と一致させ、現実的な計画(品質、リスク、コミュニケーション計画を含む)を作成し、プロジェクトスケジュールに対して活動を追跡し、必要に応じて利害関係者の関与を管理する。 コスト、タイムスケール、および使用されているリソースを監視し、これらが合意された許容範囲から逸脱している場合にアクションを実行する。 自分のプロジェクトが正式に終了し、適切な場合には後でレビューし得られた教訓を記録されるようにする。